トニー・ライスの使用弦、カポ、ストラップ

トニー・ライスの使用弦

  VINCI phosphor bronze 814M

   トニー・ライスが1995年頃まで使用していた弦。

   ゲージは高音から、

   0.13、0.17、0.26、0.35、0.45、0.57。

   6弦が、マーチン等一般のミディアム・ゲージより0.01太い。

   もしかすると、トニー・ライスのギターの特性(ラージ・サウンドホール

   による、中・高音域へのバランスの移行)の影響かもしれない。

 

  

  D’AQUISTO BRASS MASTERS #641

   トニー・ライスが現在使用している弦。

   VINCI社のダン・ダフィーがD’AQUISTO社に移籍した事に

   より、トニー・ライスがこの弦の製作を依頼した。

   ゲージはVINCIと同じく、高音から、

   0.13、0.17、0.26、0.35、0.45、0.57。

   トニー・ライスは、#641を、サンタクルーズのスタジオ用、

   フォスファーのBRONZE MASTERS #741をステージ

   用に使用しているという。使い分けの理由は、フォスファーの方が

   持ちがいいからだとのこと。

   1935年製マーチンD−28用には、次に紹介する特別製の

ニッケルシルバーワウンド弦を使用しているとのこと。

   ブラスやフォスファーは、D−28にはブライトすぎるとのこと。

 

D’AQUISTO CUSTOM GAUGE TR235

   トニー・ライスが主に1935年製D−28に使用している弦。

   ニッケル・ラウンド・ワウンド。

ゲージは他と同様、高音から、

0.13、0.17、0.26、0.35、0.45、0.57。

ラベルの表記が"GUAGE"となっているのは誤りか。

   

 


Martin Tony Rice Signature Strings MTR13

   トニー・ライスが2013年から使用しているモネル弦。

     ゲージは高音から、

0.13、0.16、0.26、0.34、0.44、0.56。

     ダキストに比べて、2弦、4弦、5弦、6弦が細くなっている。

     特に2、4,5弦は一般的なミディアム・ゲージより細い。


トニー・ライスの使用カポ

  McKINNEY

トニー・ライスが使用しているカポ。

現在はMcKinney-Elliottとして製造されている。

旧タイプのものには、写真のように、“McKINNEY”と“TONY RICE”の刻印がある。

 

 

 

  McKinney-Elliott Tony Rice Limited Edition Capo

2014年発売。トニー・ライスが使用しているカポを忠実に再現した。

4サイズ製造、1951本限定。写真はバーの幅が2インチのもの。












トニー・ライスの使用ストラップ

  SHOWCASE GUITAR STRAP

   トニー・ライスが使用しているストラップ。

   

 

     

                戻る